オプション・為替フリーク集まれ!
オプション同好会TOP
ワラント
オプション用語集
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ〜ヨ行
ラ〜ン行
オプション理論解説
リンク集
オプション同好会について
オプション用語集 [ア行]
  「相対取引」 "OTC, Over The Counter"
上場され取引所で扱われている商品 (Exchange Traded or Listed) に対して、当事者同士が直接取引を行うことを言う。 デリバティブ商品の大半はこの方法で行われている。
  「アウト・オブ・ザ・マネー」 "Out of The Money"
オプションが本源的価値を有してない状態の事。
コール・オプションの場合には、行使レートが現在の市場レートを上回る状態であり、プット・オプションの場合は、行使レートが現在の市場レートを下回る状態の事。
アウト・オブ・ザ・マネーの状態ではオプションを行使しても利益を得ることは出来ない。ただ、現時点で本源的価値を有していなくても、その後の為替相場変動により利益が発生する状態になる可能性がある。
  「アット・ザ・マネー」 "At The Money"
オプションの行使レートが現在の市場レートと等しい状態の事。
アット・オブ・ザ・マネーとイン・ザ・マネーのちょうど境目の状態です。本源的価値は無いが、時間的価値はもっとも高い状態です。
  「アメリカン・オプション」 "American Option"
オプション取引の種類の中でいつでも権利行使できるタイプの事。
従って、アメリカンオプションの保有者は、イン・ザ・マネーの状態であれば行使して、本源的価値の分を利益としてを得ることができるが、権利行使期間が 残っている場合には、その間にさらに利益が増加する可能性がある。つまり時間的価値を持つので、通常は行使するよりもオプションの権利を売り戻して、本源 的価値と時間的価値の合計の対価を得るほうが有利になる。
満期日にしか行使できないヨーロピアンオプションにくらべて少しプレミアムが高くなるのが普通である。
  「イン・ザ・マネー」 "In The Money"
オプションが本源的価値を有する状態の事。
コール・オプションの場合には、行使レートが現在の市場レートを下回る状態であり、プット・オプションの場合は、行使レートが現在の市場レートを上回る状 態を言う。 アメリカンオプション場合はこのイン・ザ・マネーの状態であればすぐに行使して、本源的価値の分を利益としてを得ることができるが、権利行使期間が残って いる場合には、その間にさらに利益が増加する可能性がある。すなわち時間的価値を持つので、通常は行使するよりもオプションの権利を売り戻して、本源的価 値と時間的価値の合計の対価を得るほうが有利になる。
  「ウィズ・デルタ」 "With Delta"
デルタヘッジの為に押さえた為替レートを使用してオプションの プライス計算を行う事
  「エキゾチック・オプション」 "Exotic Option"
通常のプットやコールから進化した高度なタイプのオプ ション商品の総称。エキゾチックを「風変わりな」というような意味で用いている。行使条件が原資産レート以外だったり、付帯条件がついたり、また行使して 得られる利益が複雑な式で定義されたりと、大まかに分類しても数十のタイプが開発されている。近年多く発行されたデュアル・カレンシー債券にはエキゾチッ ク・オプションをその内部に含み、円高に向かった際のリスクを部分的に回避するタイプなどがある。
  「オプション損益図」 "Option Payoff Diagram"
市場レートとオプションから発生する損益関係 を図示したもの。通常横軸に市場レートを(左に円高側、右を円安側として)とり、縦軸に損益を(上側に利益、下側を損失として)描く。市場レートと損益の 相対的な関係を把握するために、オプション1単位(ユニットオプションでは1外貨単位)あたりの変化を描く。
買い持ちオプションでは損失は支払ったプレミアムに限定されますので、グラフの下側は横軸からプレミアム分下がったところに平行線が引かれる。行使レート を境にプットなら円高側に向かうと、コールなら円安側に向かうと上昇する45度の直線を描く。この斜線と横軸が交わるところが損益分岐点、すなわちちょう どプレミアム分の利益がオプションから得られる市場レートとなる。実際の取引ではこの損益図に売買スプレッドを加味して損益を検討する必要がある。
行使を前提としたり、満期近くまでオプションを保有する場合は、本源的価値の変化のみに注目すればよいのでこの損益図を用いることができるが、好機を狙っ て売り戻しを考える場合は時間的価値をこれに加味する必要がある。時間的価値を含んだオプション価値の変化図を描くことは、一般の個人では困難であるが、 同じ行使レートで残存期間の異なるオプションなどと比較することで、時間的価値の変化を大まかに把握できる。
  「オプション代金」 "Option Premium"
オプションの価格。オプションを購入するときに支払う。